オルニチンはなぜ健康に良いの? オルニチンの効能マメ知識

オルニチンが健康に良い理由

オルニチンが健康に、そして体に良いと言われていますが、なぜ、体に良いのかということを、詳しく説明できますでしょうか?そもそもオルニチンというものは、ちまたでもよく聞く、体に欠かせない栄養素の一つである、アミノ酸です。
ただ、そんなアミノ酸の中でも、なかなか日頃から摂取する事ができず、足りないでいる人が多いというアミノ酸がオルニチンなのです。

 

オルニチンの役割として上げられるものに、解毒作用があります。肝臓の解毒システムに、オルニチンサイクルというものがあり、このオルニチンは肝臓でアンモニアの代謝を行って、肝機能の解毒作用を助けてくれるのです。

 

そもそも肝臓の解毒システムのオルニチンサイクルと呼ばれるものには、スムーズなエネルギー生成を促進して、疲労の蓄積を未然に防いでくれるものとなっています。

 

オルニチンは二日酔いに効果があると言われており、お酒を飲む人のためにあると思って人もいます。

しかし、それだけが全てではありません。肝臓の機能回復にもつながるのです。

 

肝臓は他の臓器と違って、疲労による痛みを伴わないので、なかなか自覚症状が無いかもしれませんが、慢性的な疲労が、肝臓が原因になっている可能性もあります。
そういった慢性的な疲労に、オルニチンが活躍して、効果を示してくれるかもしれるでしょう。

 

オルニチンは、しじみなどに多く含まれている事で知られていますが、サプリメントなどに比べれば、しじみの味噌汁に含まれているオルニチンの含有量は少なく、十分な量を摂取するためには、サプリメントの方が効率が良いそうです。

オルニチンの疲労回復効果について

オルニチンは、しじみなどに非常に多く含まれているアミノ酸で、そのしじみの健康パワーと言われるものは、江戸時代ごろからすでに経験的に知られていた効能です。その一番の回復効果が二日酔いだったと言われています。

 

お酒を飲み過ぎてしまったという人が、オルニチンがたっぷりと入った、しじみの味噌汁を飲んだら、二日酔いが軽減した、またならなくなったと言われています。これは現代で通用する事です。

 

近年の研究では、しじみによって、健康や疲労回復を目指せるということが知られるようになってきました。そもそもアミノ酸というものは、体の20%を構成しているものであり、生命活動を維持するためにはなくてはなりません。
その中でもオルニチンは、生活のリズム、食生活のリズムの乱れを気にしている、現代人の健康をサポートしてくれると言われているアミノ酸です。

 

オルニチンは、タンパク質を構成している通常のアミノ酸とは異なるもので、体内を単独で巡って働く特別なアミノ酸、遊離アミノ酸と呼ばれるものとなっています。

 

このアミノ酸がどのようなものかと言いますと、摂取後にその形のまま、体の肝心な部分に直接向かっていき、効力を発揮してくれるというものになっています。

特に肝臓の機能を正常にさせる効能があることが良く知られていますね。

 

肝機能が弱まっている人にとっては手放せない栄養素といっても過言ではないでしょう。

 

肝臓は、お酒でダメージを受けやすい器官の一つです。よくお酒を飲んでしまうという人や、体の調子がいつも何か悪いという人には、オルニチンが疲労回復に、確かな効果を示してくれますよ。