素行調査の意味について | 素行調査の適正費用・相場は?知らないと怖い探偵業界の料金

素行調査の意味について

旦那の行動が不審に思うことが多くなり、素行調査を依頼したいがどこに相談したらよいかわからないと悩んでいる人も多いでしょう。
素行の意味は、人の普段の行いを確認する行為であることから、調査を行うためには専門的な知識や経験などが必要になります。
普段の行動の詳細部分を調査するため、調査対象者が突然突発的な行動をすることもあり、その行動を調査するためには、自動車やバイクや自転車などにいつでも乗ることができる準備などもしておかなければならないので、素人などでは調査を行うことが非常にむつかしいです。

素行調査にかかせないハイレベルな撮影技術

旦那の浮気調査なども素行調査の一つであり、浮気調査などは浮気現場などを写真などで撮影して証拠をおさえる必要があることから、尾行に関する知識だけでなくカメラの撮影技術などの知識がなければ証拠写真などを撮影することは非常に困難です。
また、特にむつかしいのは、写真撮影の技術になり、旦那の浮気現場なども不貞行為を行っていることを証明しなければなりません。
そのためには、ラブホテルやホテルなどに旦那と浮気相手が入っていくときの写真などを撮影しなければならないのですが、ただ写真を撮影すればよいというわけではありません。
写真を撮影するときに、旦那の顔や浮気相手の顔などが撮影されていなければなりませんし、入っていくラブホテルやホテルなどの名前なども映っている必要があることから、非常に高い撮影技術が求められます。

尾行スキルと撮影機材

また、高い撮影技術だけでなく、不貞行為の写真をおさえるのは一瞬なので確実に撮影するための経験なども非常に重要になります。
不貞行為の現場を近くで写真撮影することは、調査対象者からバレてしまう可能性が極めて高いので、遠くからでも人の顔がハッキリと撮影することができる高性能な望遠機能がついているカメラなどが必要になってきます。
このようなカメラはプロが使用するカメラになることから非常に高額であり、素人が浮気調査するためだけには高額すぎて購入することができないので、プロの探偵事務所などに依頼したほうが結果として費用が安くつくことのほうが多いのです。

まとめ

素行調査などは、誰でも簡単にできると考えていますが、非常に手間がかかり、専門的な機材や知識や経験などが求められるので、素人が行っても証拠写真なども撮影することができないので、無駄に終わってしまうことのほうが多いです。
そのため、探偵事務所に依頼する場合はけい豊富なスタッフがいる事務所のほうが安心です。