素行調査に必要な期間とは | 素行調査の適正費用・相場は?知らないと怖い探偵業界の料金

素行調査に必要な期間とは

今は取り巻く環境に関しての調査をひそかにする、されるという事もありうることです。毎日の生活で身近な人であったり、これから関係を持っていくことになる場合であったり、その人がどのような行動をしている人物であるのか、どのようなルーツのある人であるのかということなどを調査することができたりするのです。これは企業でも個人でも行われることがあるものです。

行動の調査をすること

かかわりのある、または今後かかわりを持つことになる人に対して、行動調査を行うということを素行調査というのですが、方法としてはその人の日常をこと細かく観察をしていき、どのような人間関係を持っているのか、怪しい行動などはないのか、家族や友人などはどうであるのか、また近所など周りの人にはどのように映っているいるのかなどのことを確認していくことになるのです。これはプロに依頼することで、そのターゲットにわからないようにうまく進めてもらうことができるのです。

素行調査をしてくれるところと流れ

それではどのようなところにお願いできるのかについて、触れてみましょう。一般的には興信所や探偵事務所に依頼をしていくことになります。興信所というのは企業や個人に対しての行動調査がメインになり、探偵事務所というのは普通の行動調査を含む浮気調査などをメインに行っているところになります。前者では調査員が、後者では探偵が追跡調査をしたりしていきます。特定の期間で尾行をしたり、張り込みをしたりしていくのです。浮気調査というのは両者で行ってもらうことができるのですが、通常の素行調査とは目的が少し異なり、浮気の証拠を得ることが最終的な目的になるのです。

一般的な期間と料金

素行調査をするにあたって、期間としては3日程度で日常生活に密着した行動観察をしていくことになります。これは長くすることもできますし、短くすることもできるのです。大体どのような生活をしているのか、そのターゲットの置かれている環境や状況などを把握して、それを報告していくことになるものです。料金としては、時間当たりで算出する場合とセットになっている場合がありますが、ある程度の費用がかかると考えておいた方がいいでしょう。
このように、素行調査というのは、日常生活においても行動調査をしていくものであって、それによってどのような人物であるのかということを確認していくことになります。それを依頼者に戻し、今後に生かしていくのです。